オリジナルアルバム

CDご希望の方は「お問い合わせ」フォームからご希望のCD名、枚数、ご住所、電話番号などご記入いただき送信ください。 確認次第CDを送らせていただきます。その際、郵便振り込み用紙を同封いたします。送料無料です。

1984年に出した初めてのレコードから数えて31年、いろんな作品を作りました。思い起こせば すべてが自分の分身です。

★5thアルバム  

「ふたつの道」 2011,8,11        好評発売中!¥2500

1,プロペラ 

2,たいせつな君へ

3,やさしい雨 

4,別れのうた

5,もういいじゃないか

6,あなたの手紙

7,あの日に帰ろう 

8,春

9,泣きたいときには泣けばいい

10,桜の木の下で

 

  
  

  

4th「うちへ帰ろう」 2005,4,11発表 ¥2500

1,平凡だらけの毎日だけど 

2,うちへ帰ろう 

3,あおぞら 

4,ギターを弾いて

5,コスモスの丘へ

6,疲れた男の子守唄 

7,地球はともだち 

8,ゆびきり

9,丘に吹く風

10,Heibon replace

                                                                                                11,道の上                               

  ☆「家族」をテーマに作ったアルバム。40代になってはじめて見えてくる風景を等身大の目線で描きました。

 

 

   

3nd「あしあと」 2001,4,11発表 ¥2500

1,プロローグ-君の笑顔- 

2,ああ友よ 

3,旅の途中で

4,僕のラジオ

5,ペーパーバックストーリー

6,Call Me-ケイタイの向こう側-

7,フリータイム

8,Melody

9,おやじのバラッド

10,エピローグ-ありがとう- 

 

 ☆40代を目前にこれまでの足跡を曲にしました。

 

 

 

★2nd 「夢」1996,6,16 発表 ¥2500
1,夢を捨てないで 

2,街はパーティ-

3,祭囃しが聞こえてくる   

4,唐津線は今日も晴れやかです

5,星空の約束 

6,悲しい部屋の中で

7,こころが君を好きになったら 

8,ほたる 

9,夢 33 1/3 

10,今、めざめた君へ

 

★北村尚志の「夢」をテーマに制作したコンセプトアルバム、

 33~34歳頃の作品です。

 

 

1st「朝になれば・・」1993,3,10 ¥2500

1,風が呼ぶ町

2,コスモスの丘へ

3,忘れられたアイドルスター

4,扉の向こうは

5,ラストサマー

6,クラクション

7,ホームにて

8,あの日の忘れ物

9,丘に吹く風

10,街は素敵なオモチャ箱

11,明日の鍵

12,八ッピー-バースディ

  

※記念すべき1stアルバムです。当初はベストアルバムというつもりで制作していましたが、終わりが近づきにつれだんだん欲が出てきて、次回作も作ることに決めました。 ※おかげさまにて完売いたしました。今のところ再版の予定はありません。

 

 

 

  

 

シングルCD

武雄に来たなら  ¥500

2015.3.1発表

武雄温泉楼門建築100周年を記念したキャンペーンに合わせて制作。

旅人が武雄の名所を訪ね歩く内容のご当地ソング的な歌。

カントリーフォーク調のアレンジが心に沁みる。

桜の木の下で 

2009,2,6発表 ¥1000

CW/春

ふるさとの仲間や恩師との出会いと別れ、そして再開・・・北村尚志の青春賛歌。

 

 

 

 

 

 

 

 

コスモスのように  

2008,9発表 ¥1000

CW/草原の踊り子

★全国で活躍する長崎のコスモス画家、荒木幸史さんの35周年記念の作品。

荒木幸史作詞、北村尚志・作曲・唄による美しいコラボ作品。

 

 

 

 

 

 

青春の歌  2007,11発表 ¥1000

CW/祭り囃子が聞こえてくる  ギターを弾いて

 

新聞の投稿文がきっかけで生まれた歌。自身のフェイバリットソング「青春の影」もトリビュートした作品でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅の途中で  1998,12発表

CW/メロディ

今や北村尚志の代表作ともいえるドラマチックな曲。カップリングの「メロディ」は当時STSサガテレビ番組「たんねるSAGA」のテーマ曲だった。

 

 

 

ほたる  1995,6発表

「JR九州・小京都の旅」キャンペーンソングとして制作、自身の住む小城の風景を歌った作品。ジャケットには中島潔さんの書き下ろしによる作品が描かれていて話題となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も晴れやかです 1994,6発表 

CW/ホームにて

JR唐津線イメージソングとして制作、ジャケットに記念切符が付いていて鉄道マニア内で話題沸騰した。長い間、唐津線の列車の中で放送されていたため根強い支持もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しい部屋の中で  1984,12発表

CW/忘れられたアイドルスター

 

北村尚志の記念すべきデビュー作。大学卒業と同時にソロになることを決意、学生時代からの仲間でレコーディング。当時からセルフプロデュースすることを考えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロデュースand作品提供CD

 

 

 

「えびす」音頭 ★作詞・作曲・プロデュース
えびす像の数が日本一の佐賀を今一度えびすでPRするために企画された歌制作プロジェクトです。えびすと佐賀の関係を楽しく歌い上げています。

歌:希望彰

      「えびす音頭」  作詞:北村尚志 大嶋公子
        作曲:北村尚志   編曲:石橋序佳

        「笑顔の神様」
        作詞:北村尚志  作曲:北村尚志 
        編曲:石橋序佳



★白石町のキャラクターしろいしみのりちゃんのうた制作プロデュースをさせていただきました。制作実行委員会のみなさんと曲の方向性を決め、歌詞は全国から公募し制作しました。
選出された歌詞は地元白石町の高校生小川瀬奈さんの作品でした。 かわいいみのりちゃんのキャラを活かしたアイドルソング風に仕上げました。 振付けも完成し、町内外のイベントなどでも披露されています。

作詞 小川瀬奈 作曲 北村尚志 編曲 石橋序佳
うた/みのりんず



「ミランバくんのうた」  2010,9発表

 

サガテレビの人気キャラ、ミランバくんのうたのCD発売になりました。僕の役目は編曲とサウンドプロデュース。すでに詞と曲があるものを実際の音にしていく作業です。それなりに考え、時間もかかりましたが、こうしてCDが出来上がると何とも嬉しい限り、もうすでにテレビではオンエアされていますが、楽しい曲になりました。振り付けも出来、CDの中には解説書も入っています。

 

 

CDシングル「やさしい雨」  2008.2.10
初めて演歌のCDを作りました。以前CMでは演歌っぽい曲を作ったことがあるのですが、CD、しかも演歌歌手のプロデュースもやっちゃいました。曲は「やさしい雨」「あの日に帰ろう」の2曲、歌っているのは佐賀在住の演歌歌手、希望彰さんです。制作にあたっては、しばらく演歌の名曲を聞きまくりました。しかし最終的に出た答えは「やっぱり自分流で行こう。」 .ということでした。「ふたつの道」ではセルフカバーし、ボサノバでポップに歌っています。
 
 .
★プロデュース作NBCラジオ佐賀50周年記念CDアルバム「がばいNBCD」
 2007.8.1   NBCラジオのパーソナリティがしゃべった,歌ったCD。パーソナリティのみんなの個性が出る楽曲制作に心がけました。8曲+αの作詞作曲をしています。途中のCMやミニコーナーも楽しんで作りました。こんなカタチのCDはある意味画期的?かも
 
 
★CDシングル「風のふるさと」 2003.4.1
唐津市に合併する直前、厳木町の町政50周年記念のイメージソングとして制作しました。誰もが持っているふるさとのイメージを歌に出来たら・・・、これが僕の思いでした。ジャケット絵の中島潔さんは厳木町のご出身です。実は中島さんの半生がこの唄のモチーフになっています。(非売品)   
 
 
★CD「リョウザンパック2」 1999.12.25
前作「リョウザンパック1」が意外に売れなかったのに懲りずに翌年にリリースしたCDです。僕も6曲提供しています。様々なジャンルの曲が14曲、改めて聞くといい曲ばかり!どれもクォリティが高いのはアレンジャーの石橋序佳のセンスによるところが大きいと思います。
   .
★CDシングル「美しき40代」 
1999.6.20NBCラジオでもお馴染みの よしのがり牟田さんのために書いた曲です。最初はコミックソングのつもりだったのに、40代半ばの今聞くとなかなかしみる曲ですね。この曲の制作のために作ったバンド「ミラクルフィンガーズ」は2007年を最後に活動を休止しています。
 
 
★CDアルバム「リョウザンパック1」 
1998.4.1佐賀の迷プロデューサー大島一樹の呼びかけでスタートしたプロジェクト。今、様々な仲間たちと一緒に音楽制作をしています。このアルバムはそのきっかけになったCDです。自分が歌うのではなく、人に曲を作ることを目標に取り掛かりました。僕も3曲制作し、別に3曲歌っています。その後プチブームを起こしたヒーマンの「がばい佐賀」のオリジナルやエフエム佐賀「のばなしラジオ」テーマ曲「どんどんどん」 、「毎日がバレンタイン」etc収録されています。
 
 
★CDシングル「さあ出かけよう」 1997.8.16
江北町に誕生したキャラクター「ビッキー」のイメージソングとして制作しました。子どもたちに歌ってもらえる曲を目指しました。この頃は運良く娘たちが幼稚園の年頃でしたので参考になる唄が廻りにいっぱいありました。実はこのキャラクターの制作にも当初から関わっていました。今江北町に行くとあちらこちらでこのビッキーに会うことが出来ます。製作者冥利に尽きます 、ハイ! 
 
★CDシングル「コスモスの丘へ」 1992.8.25 (完売)
佐里コスモス遊園というテーマパークのオープンのためCM用に制作しました。このCDでは僕はボーカルをとっていません。アーチスト名もCOSMOSというように覆面ユニットになっています。ジャケット絵は荒木幸史氏。佐里コスモス遊園では閉園するまで14年間ホリデーコンサートをしました。もっとも思い出深い場所、そして曲のひとつです。 .